海をよみがえらせる 受賞者

Bahamas

Coral Vita

海の温暖化と酸性化は2050年までに、世界のサンゴ礁の90%以上を破壊するでしょう。それは、生きていくのにサンゴが必要なすべての海の生物の4分の1にとって、死の宣告です。それは、サンゴ礁が提供する恩恵に頼っている10億人の命にとっても、災害となります。

Sam TeicherとGator Halpernがグランドバハマ島にCoral Vitaの最初の施設を立ち上げた翌年、ハリケーン・ドリアンが彼らのサンゴ養殖場を破壊しました。この経験で気候の緊急事態を大きさを痛感し、サンゴ礁を保護するという彼らの決意は強固なものになりました。

Coral Vitaは陸上でサンゴを育て海に植え直す活動をしており、死の淵にある生態系に新たな命を吹き込んでいます。その手法では従来の方法より50倍の速さでサンゴが育ち、気候変動の影響に対するレジリエンス(回復力)も向上します。

サンゴ礁の復元と同様に、TeicherとHalpernは現地のコミュニティ、行政当局、そして民間企業とともに、教育の改善、新しい仕事の創造、環境保護への投資を伸ばすためのモデル構築などの活動をしています。Coral Vitaは海だけでなく、海岸地域の経済にも新しい生命をもたらしているのです。

Coral Vitaの手法を使うと、1個の養殖場で一国のサンゴを供給できる可能性があります。そして彼らは最終的には、私たち全員の命をつなぐ生態系を保全するために復元経済を始動することで、サンゴ礁を持つあらゆる国にそのような養殖場のネットワークを構築することを計画しています。この賞を受賞すれば、このビジョンは実現されるでしょう。

詳しく見る

最終候補者

私たちは未来の世代のために私たちの海を蘇生させ保存することを選択しました。この課題に対処する最も傑出した研究に対して、アースショット賞を授与します。このアースショット達成をサポートする画期的なソリューションを持つ最終候補者に会いましょう。

海をよみがえらせる 最終候補者

USA

Pristine Seas

海は地球の70%を占めています。数十億もの生き物に食べ物を与え、私たちが呼吸する酸素の半分以上を作り出しています。しかし、人間がもたらす壊滅的な影響は、海を私たちが絶対に回復できないかもしれない転換点に向かわせています。世界的な海洋保全プログラムであるPristine Seas(けがれなき海)は、先頭に立って破滅を避けようとしています。

このプロジェクトはナショナルジオグラフィック専属エクスプローラーであるエンリック・サラ博士により創立されました。元大学教授のサラ博士は地中海のそばで育ちました。そこで彼は海の世界で引き起こされている破壊の様子を直接目にしたのです。

2008年、サラは2030年までに海の30%を保護することを目的に、Pristine Seasを創立、科学者、映画製作者、政策のエキスパートを一堂に集めました。Pristine Seasは他の人々に行動を促すべく、すでに論文審査のある科学論文を200本以上発行、ドキュメンタリーフィルムを30本製作しています。

今までのところ、Pristine Seasは世界中で24の海洋保護区を作ってきました。その広さはインドの2倍以上の面積になります。Pristine Seasは2030年までに海の30%を保護するための世界的なムーブメントを導いていくことを目指しています。アースネット賞を受賞すれば、この保護活動の実践規模が広がり、海の問題の認知度が向上し、新世代のリーダーを育成し、さらに経済を転換することができるでしょう。Pristine Seasが成功すれば、私たちの海、そしてそれが持続する生命を救うことができます。

詳しく見る

海をよみがえらせる 最終候補者

Australia

Living Seawalls

海面上昇に伴い、コンクリートの防潮堤は現在、海岸沿いの都市の海岸線の半分を取り囲んでいます。しかし、これらの人工の構造物である堤防は、海洋生物にとっては致命的となる場合があります。Living Seawalls(リビングシーウォール)はシドニーハーバーで設立されたプロジェクトで、この状況を変えようとしています。 

シドニーは、海岸都市として特に海面上昇に晒されています。結果として、海岸堤防は気候変動適応の重要な部分なのです。しかし、これらの平板はコンクリートの護岸は、多くの海洋生命体の隠れる場所がありません。  

2018年に立ち上げられたリビングシーウォールは、シドニー海洋科学研究所の最も重要なプログラムです。その生息地のパネルは海岸堤防に取りつけられ、潮溜りやマングローブ原生林の根の自然な構造を模したデザインです。   

リビングシーウォールでは、わずか2年で海洋生物の種類が平坦な海底よりも36%多く生息するようになります。85種類の海洋生物がこのパネルの間で育っています。このプロジェクトの実践はシドニーに留まりません。オーストラリアでは他に3都市、ウェールズ、ジブラルタル、シンガポールの海岸線が後に続いています。 

アースショット賞の賞金は、世界中で新たな研究、教育プログラム、そして場所をサポートするでしょう。これは、海洋生物と海岸沿いの都市とは共存できるという、生きた証明となります。

詳しく見る
Royal Foundation