タイトル:アースショット賞の受賞候補指名者には誰ですか?彼らはどのようにしてソリューションを見つけるのですか?

アースショット賞

毎年、アースショット賞の受賞者を世界中から探す作業は、まず候補者選びから始めます。

受賞候補者を見つけるために、世界のあらゆる地域から300人を超える公式指名者からなる正に多様で経験豊富なグループを設立し、5つのアースショットに対して最も刺激的で包括的、かつ影響力のあるソリューションを探し出し、候補者として提出します。

指名者は誰ですか?

私たちの指名者は、非営利団体、専門家、学術機関、民間企業など多岐にわたり、環境調査、政策、弁護、ビジネス、イノベーション、草の根活動と先住民のリーダーシップ、活動などの分野で豊富な経験を有する人々です。指名者は全員、地球の修復活動におけるリーダーシップはもちろん、今日私たちが直面している差し迫った環境問題の解決策をリードしている世界中の個人、チーム、組織とのネットワークを考慮して選ばれています。

彼らはどのように候補者を選出するのですか?

指名者は、環境ネットワークの活用、積極的な調査、あるいはソリューションを持つイノベーターに自分たちの提案を直接指名者に提出するよう促すなどして、推薦するイノベーションやプロジェクトを探し出します。以下は、公式な提案を受け入れている現在の公式指名者リストです。候補者指名ページではこれら指名者とその事務所所在地を紹介しており、それぞれのウェブサイトにもアクセスできます。

  • Delft University of Technology
  • Low Carbon
  • Te Herenga Waka—Victoria University of Wellington
  • The Centre for Global Eco-Innovation, Lancaster University
  • University of Oxford
  • The University of Edinburgh Bayes Centre
  • European Marine Energy Centre (EMEC) Ltd
  • University of Leeds
  • Cool Earth
  • Africa Climate Reality Project
  • National Geographic Society
  • Royal African Society
  • Caribbean Climate-Smart Accelerator (CCSA)
  • University of East Anglia
  • The Mills Fabrica
  • Cranfield University
  • PDIE Group
  • Zero Summit

 

なぜ指名者が必要なのですか?

私たちの指名者がすべての地域、環境トピック、社会のセクターを代表することを保証することにより、多様性が私たちの候補者指名プロセスに組み込まれます。2021年には、86か国以上から候補者が指名され、ファイナリストには、女子高生、草の根の非営利団体、技術主導のスタートアップ、グローバルデータ監視システム、都市、国などが含まれていました。これは、あらゆる分野で候補者を探す指名者が多様であったからです。今年はこの結果に基づいて、指名者の層をさらに厚くし、世界中の隅々まで確実にカバーできるようにしました。

専門家による指名者集団を利用することは、専門知識と経験のグローバルネットワークを活用するため、アースショット賞が非常にインパクトのある候補者指名を受けることも意味します。これにより、すでにプラスの影響を及ぼしており、成長または反響を通じてこの影響をさらに世界中に拡大する大きな可能性を秘めているプロジェクトやイニシアチブを探すことができます。アースショット賞に推薦することで、指名者は、私達の地球を修復するために行っている素晴らしい仕事を認めまた支援するに値する、世界中で変化を引き起こしている多くの人々を支持しているのです。

Royal Foundation